ブルース・ソウル・ファンク ギターのアドリブ講座 

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

リズムから自由になる

アドリブで最初にマスターしたい。 リズムの遊び方について紹介します。

音楽の楽しみ方を広げる

アドリブ→セッション の流れ。 音楽ライフを広げていきます。

休む

あえて「休む」ことに時間を使う。 その効果は?

音感を鍛える方法 その4

音感を身に付けつために必要な 「コピー」。その時 「分析」という ひと手間をかけることのメリットとは?

音感をきたえる方法 その3

音感とコピーの関係 王道の秘密とは?

音感をきたえる方法 その2

音感をきたえる方法の基本 その 基本 なぜいるのか?

音感をきたえる方法 その1

アドリブを覚えるために必要な音感。 音感を身に付ける方法とは?

音感を鍛えていく方法

音感をどうやって身につけるのか? 頑張らないやり方を紹介します。

やらないことを決める

アドリブの道 たくさんある中で何を選択するのがいいのか?

練習の順序とバランス

アドリブを覚える近道とは?

「練習しなきゃ」を無くす方法 

楽器でもなんでも 「練習しなきゃ」 「~しなきゃ」 ていう感覚持つこと ありませんか? そんな感覚から解放されるには?

どこで満足するのか?

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ 社会人バンドや音楽サークルのメン募なんかでよくある 「楽しくやりましょう」 「楽しく」って どういうことでしょうか? ざっくりと、 楽しく過ごしたいか、 楽しくなくていいか…

リズムの感じ方 その2

普段の練習での リズムの聴き方について紹介します。

リズムの感じ方

音楽の基本のリズム。 リズムを感じる感覚、 意識的なのか無意識なのかで、 演奏自由度が変わります。

アドリブ練習の考え方 その3

ブルース12小節で ネタ切れしないフレーズの構築方法を御紹介します。

アドリブ練習の考え方 その2

12節のブルースの アドリブでのアプローチをイメージする方法を紹介します。

アドリブ練習の考え方 その1

ブルースの12小節 アプローチについて解説していきます

コピーとイメージのバランス

曲をコピーをしていくこと、音をイメージしていくこと、どちらも大事。 どちらにも共通して大事なこととは?

演奏するスキル 創造するスキル

アドリブには 弾くためのスキルと 音をイメージするスキルが必要です。 どうやって身に付けていくのか?

ブルースセッション スタンダード曲

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ ブルースセッションでよく使われる曲 いわゆる、スタンダード曲について紹介します。 ↓ ↓ ↓ Sweet home chicago Hoochie Coochie Man Got my mojo working Rock me baby Crossroa…

バンドとセッションバーの違い

アドリブを覚えると、自由度が増します。セッションバーの魅力について紹介します。

気付き

楽器を演奏することにはもちろん 他のことでも使える考え方

全体の音を聴く

セッションで 仕かける 反応する 為のコツとは?

弾かないこと=休符を意識する

アドリブで弾く時、意識すると、「らしい」形になる方法を紹介します。

セッションの終わらせ方

セッションでの曲の終わらせ方のポイントを紹介します

セッションのすすめ

セッションバーでセッションって どんな感じで行われているの? そんな疑問にお答えします。

目指すところ ものまねではない

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ 影響を受けたミュージシャン、 好きなミュージシャンの音楽はよく聞いていたと思うので その人に似てしまうことはよくあります。 弾いたフレーズ、ギターの感じが 誰々っぽい。 …

無駄の無い演奏方法 自分の体をうまく使う

演奏するときの 身体操作について。 普段の練習から意識することとは?

スケールを使った練習方法について

スケールを覚える。 スケールの音を覚える。 意識することとは?

ブルースの魅力について

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ ブルース、 ロック、ファンク、ソウルなどの ルーツのような音楽。 ブルース、 シカゴ系、ミシシッピデルタ系、南部系など様々ですが 多様性の時代の今となっては あまり区分けす…

音にあわせてイメージする

アドリブにはイメージが大事。 より実践的なイメージを高める 方法を紹介します。

アドリブで弾きたいフレーズを構築していく方法

アドリブに必要なイメージ。 モヤモヤ、不明瞭なイメージを いかに明確に落とし込んでいくか。

耳コピの重要性

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ こんにちは。 これからアドリブにチャレンジしたいと思っている方、 耳コピ できますか? アドリブ 何を弾いたらいいのか? アドリブのイメージは 自分がストックしてるフレーズ…

ブルースを覚えると得をする

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブを追及してくにあたり 入口として入りやすい音楽 ブルース 歴史的な話は置いといて 音楽的な話。 ・3つのコード ・12小節 で構成されている シンプルな音楽。 ブルース…

あると便利な練習機材

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブを学ぶために お勧めの器材、 ルーパー。 メトロノーム、ドラムマシーンを使うより 断然いいです。 まず操作が簡単で 下記のメリットがあります。 ・コードに対して、弾…

自分の世界観を目指す

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ 好きな音楽にあこがれて 好きなミュージシャンにあこがれて 楽器をはじめて 音楽をつづけていくと 楽器を続けていくと ぶち当たると思う。 自分のスタイルって何? アドリブを追…

いちど身に付けると一生楽しめるスキル

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ 音楽をアドリブで演奏できる。 自分のイメージを音に変換できる。 楽器を始めてから アドリブで弾ける人に初めて出会うと 衝撃的ですよね? どうやって弾いてるのか? どこまでイ…

フレーズに表情を載せる練習方法

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブで弾くときに、 音に表情を付けたい。 弾きたいイメージがあることが前提ですが 「弾きたい音、この辺のポジションだよな」 とか視覚的に弾きだすと、気持ちをのせ忘れが…

スケール ポジション ブロックで考える罠

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ スケールを覚えるとき ポジション ブロックで考える ある意味正解 しかし ある意味 罠。 例えば KeyGなら 指板で 6弦 3フレットからはじまる マイナーペンタトニックのポジション…

セッションで演奏する上で大事なこと

セッションをセッションとしていい形にするために必要なことを紹介します。

アドリブネタを広げていく練習方法

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブネタを広げていく練習方法 3コードセッションはセッションの定番ですね。 シンプルです。 が、 実際やってみると~ 3曲ほどやってみると~ オレ、もうネタ尽きた。 って…

スケールに惑わされない

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブのやり方を覚えるなら手始めに xxスケール。 ブルースなら マイナーペンタトニックスケール。 初心者の方には おすすめしません。 日本語覚えるなら まず 平仮名50音。 …

セッションバーに参加することのメリット

セッションは楽しみたい。楽しむ以外にも目線を変えると有意義な時間に使えます。

歌うようなフレーズをアドリブで弾くためのポイント

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ ブルースギターで 歌うようなフレーズをアドリブで弾くために どのように練習すればいいのか。 忘れてはいけないこと ギターを弾くではなく 音楽をやる 音楽=人から生まれる 人間…

ブルースのアドリブ 普段の練習で必要な3つこと

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ ブルースのアドリブ 普段の練習で必要な3つのこと 1. イメージを高めること イメージが無いものは弾けません。 頭の中で音が鳴りますか? そのフレーズは明確でしょうか? イメー…

ギターのダイナミックレンジについて

楽器の特性について 意識しておくこと

続・アドリブで弾くために必要なこと

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ アドリブで弾くために必要なこと 続編。 それは、 やることをシンプル化する。 楽器をやっていると いろいろなジャンルを試したくなるときがあると思います。 ロック ブルース フ…

アドリブで弾くために必要なこと

ブルース、ファンク、ソウル系 初心者~中級者向け 自由に楽器を操りたい人へ ブルースなどで、 鼻歌のようなアドリブを弾くために必要なこと。 先にイメージありきで イメージがないものは弾けません。 イメージとは 楽器を持たない状態で ・頭の中で音が鳴…