あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

アドリブを覚える⇒ブルースから の考えに至る背景1

f:id:dhc_or_dha:20180121100907j:plain

私がなぜ

ブルース、アドリブについて

発信しているのか?

 

ブルースという音楽を

伝えたい訳ではないんです。

 

考えの背景を

3回に分けて発信してみます。

 

ギターとの出会い

最近は、

YouTubeでも

小学生が天才的な

演奏をしている

のが見れる時代ですね。

  

当時

ギターをはじめるのが

中学生時代が多い時期

私がはじめたのは19歳

のころです。

当時好きだった音楽は

HM,HRで

Edwad Van Halen

憧れてギターをはじめました。

テクニカル、トリッキーな演奏で

何かしゃべっているかのように

聞こえるエディーの

「ゴキゲン」なギターが

私の中で他のギタリストと

一線を画すものでした。

※当時はHR,HMの「動画」なんて

なかなか見れない。

「音」から入るんですね。

こんな風に弾けたら

さぞかし楽しいんだろうな~

そんな憧れから入りました。

 

アドリブとの出会い

エディー・ヴァン・ヘイレン

憧れて、ギターを手にしたものの

いきなり弾けるわけがありませんね。

何をどう弾いているのか

音が全然わからない。

 

エディーは今は無理だ。

 

HR,HM以外でも

出来そうな曲で

好きな曲を探しはじめる。

 

また、バンドも始めて

いろいろ音楽の情報を

交換するようになる。

やってみたいことがどんどん増えてくる。

 

音楽をやっている人と知り合いたい

ギターが上手くなりたい

そんな思いもあって

音楽を習い行くんですね。

 

某音楽スクール

期間は1年間

週2回で内訳は

音楽理論の日

実技の日

となっていました。

 

実技のレッスンは

グループレッスンで

レベルは

初心者から歴5年くらいの人まで。

レッスン内容はほぼ

セッションでした。

Key コード進行が書いてある

譜面が配られ、

リズムマシーンでリズムを出して

ペアで

1人がバッキング、

1人がリード、

を交互にペアづつ

回していく。

 

当時初心者だった自分にとって

何をやったらいのか分からない。

※なので何をどう弾いたか

 全く覚えてない。

そのなかで3人くらい

やたら上手い人がいました。

 

アドリブで弾いている。

 

アドリブでパラパラ弾いている。

 

衝撃的でしたね。

 

オレも あんなになりたい。。。

 

 

アドリブって、どうやってやる?

アドリブが出来るようになりたい!

なんか、かっこいい!

 

ギターが上手い=アドリブで弾ける

みたいに思えてきます。

 

しかし

ここから、間違いだらけの

方向にどんどん進んでしまったんですね。

 

「アドリブってどうやって弾くんですか?」

私が質問した相手は

インストラクターではなく

マネージャーに聞いていました。

※生徒のケアをするマネージャーなる

 役割の人がいました。

理由は 

ギターもそれなりに弾ける、

話しやすい人だったから。

 

Key C なら 

Cmajorスケール弾いてみな。

Cマイナーペンタトニック弾いてみな。

なんとなく当てはまるから。

 

 当時の私は

そうか、スケールを覚えれば

なんとかなるのか。。。

 

今なら、こんな間違いは

考えられないのですがね。

 

 続く