あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

イメージして組み立てる

f:id:dhc_or_dha:20171202223421p:plain

過去記事にも

何回も書いていますが

 

アドリブにはイメージが大事。

 

また、

創造力、

応用力も大事ですね。

 

・まず、1つのフレーズを

 つくれるか

・種類の違うリズムで弾けるか

・次の小節に、

 または次のコードに

 進むとき

 どのようにつなぐか。

・そのモチーフから始めて、

 どう展開していくのか

・つなぎのフレーズから

 そのフレーズに着地するのか

・強弱を意識して、

 どう表現するか。

 

1つのフレーズから

ストーリーを考え

それをどう表現するかを考える。

パズルを組み立てるみたいに。

 

作曲またはアレンジに近い。

 

そうはいっても

弾いたことのないフレーズは

体が反応しないため

とっさに思いついても

ほぼ失敗すると思います。

天才は出来るかもしれませんが。

 

なので、

仕込み、

体で覚える「練習」

が必要になるわけです。

 

このとき

同じフレーズを

何かに意識することなく

ただ反復する練習は

効果が低いです。

 

音楽、演奏は

運動能力だけを

鍛えるわけではないので。

 

結局

自分自身が

どうなりたいのか

明確でないと、

成果が出にくいです。

 

どうなりたい

明確にしていく

カタチにしていく

お手伝いします。

 

やることは

たくさんあるかと思います。

時間もかかるでしょう。

しかし、

自分で思ったことを

音で出来るようになってくると

世界観は変わってきます。

 

こんな人にお勧めです。

  • アドリブを覚えたい人
  • ロディックなアプローチをしたい人
  • ワンパターンから抜けたい人
  • セッションバーで遊べるようになりたい人
  • バンドをやってないけど音楽を楽しみたい人

※もちろん、

上記の思いがある

ギター初心者の方でも

大歓迎です。

 

まず無料体験から

お試しください。

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1

 

この記事に関する

質問、お問い合わせは

こちらから

お問い合わせ