あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

クリエイティブな感覚 >音感

f:id:dhc_or_dha:20180115064911j:plain

前回

耳コピについて書きました

耳コピができるということは

 

大雑把にいうと

 

音感ができている

 

ということです。

 

分岐点は

ここからです。

 

  • コピーなら演奏が出来る人
  • アドリブでもコピーでも演奏が出来る人

 

 どちらで満足するのか?

 

 ちなみに

コピーしか出来ない人より

アドリブが出来る人の方が

スキルが上

ということでは無いですよ。

 

音楽は

どちらであろうと

伝わることに

意味があるからです。

 

 ここでの分岐点とは

アドリブが出来るように

なることで

「あそび方」

「楽しみ方」

「コミュニケーションの方法」

が、増える

ことを指しています。

 

アドリブのイメージに

話をもどすと、

 

アドリブは

よりクリエイティブな

感覚が必要です。

音感をフル活用して

自分のものを

作り出していく。

 

さらに

人の価値観

より

自分の価値観

が大事になってきます。

 

どういうことかというと

自分の好きなモノを

より明確にしていく

ということです。

 

誰かに似ている

がいいのか?

いいギター弾きますね?

がいいのか?

 

自分で音楽を

クリエイトして

自分の価値観を

明確にしていくと

自信につながっていきます。

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

★この記事に関する

 質問、お問い合わせは

 こちらから

 ⇒お問い合わせ

 

★メルマガ

 こちらから登録できます。

  ⇒http://eepurl.com/cF1xK1

 

★直接質問できる!無料体験できます!

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ