ブルース・ソウル・ファンク ギターのアドリブ講座 

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

基礎練習ネタ 1

f:id:dhc_or_dha:20170911142215p:plain

ブルース、ファンク、ソウル系

初心者~中級者向け

自由に楽器を操りたい人へ

 

今回は

普段発信している、

アドリブ習得の全体からみると

狭いところを紹介します。

 

練習ネタです。

前回の内容の 具体的な話です。

 

music-music.hatenablog.com

 

本ブログは

マインド的な内容が

多いと思いますが、

 

その理由は、

どんなにいい 

上達する方法が

あったとしても、

 

それを実行、

行動するかしないかは

本人次第です。

 

上達する方法とは

 

目的+目的に沿った練習メニュー

です。

 

結局は

マインドありきの行動ですね。

内面が大事。

 

音楽以外の

他のことにも

通用するかと思います。

 

今回のネタ

 

テンポ: 105 

コード:C7

※クリックすると音が出ます。

パターン1

⇒ミクソリディアンンスケール

(マイナーペンタも意識)

 

パターン2

⇒ミクソリディアンスケール

 

ブルースで使うコードは

I7th、Ⅳ7th 、Ⅴ7th ですね。

ルートコードでも7thを使います。

I7th でミクソリディアンが使えます。

 

ミクソリディアン

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ♭

 

ちなみに

メジャースケール(イオニアンスケール)

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ

 

違いは7thの音が

♭するか しないかです。

 

単純な練習パターンですが

練習のポイントを

いかに意識し、フォーカスして取り組むか。

 

・運指の感覚をつかむ

ピッキングの感覚をつかむ

・使っている音を意識する

・指板上の音の位置を意識する

・拍数 小節感覚

・着地する音と小節の関係

・意識した出音

・強弱

・リズム

・譜割

 

パターン1と2は

出音

着地の音

拍数

譜割

が同じですが、

ニュアンスが微妙に違います。

 

自分で

ブラッシュアップしたいことを

明確にして時間を使いましょう。

 

 

新規に

メルマガ登録していただける方

既存のメルマガ読者の方に

プレゼント(アドリブのドキュメント)を用意しました。

メルマガ配信の際 DLして受け取ってください。

 

メルマガ登録は 

 こちらからできます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1 

 

 

無料体験もできるコーチングは

こちらです。

お気軽にご相談ください。

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

  ※料金、コーチング環境など改定しました。