あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

状態の先取り

 

f:id:dhc_or_dha:20171102064451p:plain

 

初心者の方

これからアドリブを覚えたい方

は是非知っておいて欲しい。

 

ギターがおもちゃという感覚

ギターであそべる感覚

 

どういうことなのか?

 

それは

料理とか

もの作り

に似ている感覚だと思います。

 

俯瞰してみると

 

想像してカタチにする
発想して具現化する

 

料理の初心者は

食べたい料理を決めて

レシピを見ながら

あるいは

教室などに通って

人に聞きながら

完成形を想像しながら

つくると思います。

完成形とは

料理の味、盛り付けなど

見た目もそうですが

誰かに食べてもらったときの

反応など

その先まで想像するかと思います。

 

そして

ある程度

できるようになってくると

レシピ以外の

材料を組み合わせて

どんな味になるか

また自分で工夫したものに

どんな反応をしてくれるのか

想像して

イメージに近づけていく

ことでしょう。

 

モノづくりも同様

 

衣料品なり

アクセサリーなり

私も過去ブラックバス釣り

に熱を入れていたころ

ルアーを自作したり

しましたが

誰かが書いた、つくった

作り方を参考に

または

作り方を人から教わって

完成形を想像しながら

つくっていかと思います。

 

ルアーをつくっていた時期は

デザイン、水中でのバランス

潜り方、泳ぎ方

魚が釣れるところまで想像して

バルサを削っていましたね。

楽しかったです。

 

いずれにしても

 

スキルアップしてくると

 

分かってくると

 

知ってくると

 

慣れてくると

 

「アイディア」

「工夫」

 

が加わってくるんでは

ないでしょうかね。

 

 音楽も同じです。

最初はコピーから

はいると思います。

慣れてくると

耳コピーして

TABなどスコアから離れていきます。

スコアが無い曲も出来るように

なってくる。

自分のアイディアを入れてみたくなる。

作曲、オリジナルをやりだす

人も出てくるでしょう。

 

いろいろ試しだす感覚

 

イメージをカタチにする感覚

 

反応から得られる感覚

 

楽しいんですね。

 

音楽がモノづくりと

少し違うところは

物質としてのカタチが無い

ところです。

 

音楽を作る

ギターを弾く

自分のイメージを弾く

場合

目からの情報はありません。

 

音の鳴らし方

ピッチ

ニュアンス

テンポ

リズム

 

すべて耳が頼りなんですね。

感覚が頼りなわけです。

 

耳からの情報を

体で加減、修正していくわけです。

 

リアルタイムで気付ければ

いいですが

 

初心者の方はそうはいきませんよね。

 

録音して確認するときも

 

聴きたいポイントを探すなど

ひと手間かかるわけです。

 

なので

時間はかかって当たり前。

 

なかなか思うように

進まないときは

 

先ほどの

音楽で遊ぶ感覚の話を

思い出してみてください。

 

アドリブで楽しんでいる人が

身近にいる人は

その人から

どんな感覚なのか聞いてみて下さい。

 

人は経験したことがないことは

想像できません

人から話をきいて

イメージすることはできます。

 

また

アドリブが出来るようになってきても

さらに

先への思いはあるものです。

もっと先へいきたい。

もっと出来るようになりたい。

もっと自由にやりたい。

 

結局、また次が出来てしまうんですね。

 

なので

ゴールをイメージして

何が必要かを決めて

実行していくわけですが

 

すぐ結果が出なくても

 

その時出来ることを楽しむ。

 

結構 大事なんですね。

 

 

 

・初心者の方
・アドリブに興味がある方
・アドリブをやりたいけど、

 練習方法が分からない方

・TAB譜やスコアが無いと

 弾けない、

 やりたい曲のスコアが無いから

 弾けない、

 という煩わしさから

 解放されたい方 

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1 

 

この記事に関する

質問、お問い合わせは

こちらから

お問い合わせ

 

コーチングについての

ご質問など

お気軽にご相談ください。

 

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ