あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

組み立てて、遊んでみよう! Key=E ブルース その2

 

f:id:dhc_or_dha:20171010221931p:plain

練習方法の紹介

 

アドリブの為の

練習。

 

イマジネーションを

高めていく方法です。

 

最初に

ストーリーを

決めてみましょう。

 

過去記事も参考にしてください。

 

music-music.hatenablog.com

 

 

そのストーリーを

具体的に描くために

 

例えば

テーマを弾く 

と 決める

 

出だしの音を 

x音と決める

 

着地の音を

x音と決める

 

コードが変るところは

x音と決める

 

など

ポイントを

具体的にして

試して

結果を整理、

気に入ったら

ストックして

いきましょう。

 

 サンプル音源です。

 

【音源】⇒E Blues サンプル

 

f:id:dhc_or_dha:20171009093824p:plain

 解説

1小節目より先に入る

「不完全小節」とか

アウフタクト」のカタチです。

コードネームのある小節を

Bluesの12小節とします。

   

E7(1~4小節)

1小節目、3小節目は

コードトーンです。

1小節目のコール

にたいして

3小節目がレスポンスです。

それを

アウフタクトと2小節目で

似たようなモチーフで

つないでいます。

4小節目も同じモチーフで

次の展開は何の音がくるのかを

期待させます。

 

A7(5,6小節)

5小節目

入口ですが

4小節目の

モチーフの回答で

A7の7th=Gから入りました。

 響きとしては

Eマイナーペンタの

イメージがあるかと思います。

6小節目もアウフタクト

同じモチーフを使って

次に来る音を期待させます。

 

E7(7,8小節)

回答として

E7のコードトーンではなく

m3(♭3rd)=G。

Eマイナーペンタの音で

1、3小節目とは違う響きを

選びました。

7小節目は

Eマイナーペンタと

Eメジャーペンタです。

 

B7(9小節目)

入口の音は

B7のm3=D

着地はB

意識としては 

Eマイナーペンタの

フレーズを入れました。

 

A7(10小節目)

Eメジャーペンタから

A7の7th=Gを狙いに行った

フレージングです。

 

E7 B7(11、12小節)

ブルースの常套句

ターンアラウンド

でよく使われるフレーズです。

 

 

 

基本的に頭の中で

音が鳴っていることが

大前提です。

 

ですが

実際は

いちいち

3rd の音

7thの音など

インターバルを意識している

わけではありません。

 

音として覚えて

 

1つのフレーズとして

覚えて

 

引き出しから出す

そんなイメージです。

 

その

パーツをどう増やすか

パーツをどのように

当てはめるか

フォーカスした

練習していけば

いいかと思います。

 

 

 

★譜面の読み方基礎

  

f:id:dhc_or_dha:20171010213910p:plain

今回は音程について

 

Cメジャースケールを

2オクターブ上まで

並べました。

左から

C、D、E、F、G、A、B~

と読んでいけばいいです。

 

5線に縦線の区切りがあります。

1区切り1小節。

上記は4小節ということです。

 

4/4 は

1小節が

4分音符 4つで構成される

という意味です。

 

別の表現ですと

4拍子。

 

3/4と書いてあれば

1小節で4分音符3つ。

 

別の表現ですと

3拍子。

 

6/8とかいてあれば

※ブルースでおなじみハチロク

1小節 8分音符が6つで構成。

 

別の表現ですと

6拍子。

 

タブ譜

押さえるポジションは

分かりますが

音を意識することを

忘れがちになります。

 

分かりにくいリズムも

譜面にすると構成が

理解できたりします。

 

譜面も少しずづ

慣れていきましょう。

 

 

・初心者の方
・アドリブに興味がある方
・アドリブをやりたいけど、

 練習方法が分からない方

・TAB譜やスコアが無いと

 弾けない、

 やりたい曲のスコアが無いから

 弾けない、

 という煩わしさから

 解放されたい方 

 

ギターの初心者の方が

最初に知っておいた方が

いいことは

ギターでの「遊び方」

だと思います。

 

最初に音で遊ぶことを

覚える。

 

子供は 遊びから

いろいろなことを

自然に学習していきます。

 

大人でも

練習縛りから、

遊ぶ感覚で

音楽を習得していけます。

 

ブルースはいい材料なんです。

 

興味のある方はこちらから 

お気軽にご相談ください。

 

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

  

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1