あそブルース

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

ギターのダイナミックレンジについて

f:id:dhc_or_dha:20170305012308p:plain

ブルース、ファンク、ソウル系

初心者~中級者向け

自由に楽器を操りたい人へ

 

 

音楽を楽器で表現する。

 

 楽器の役割は

リズムだったり

メロディーだったり

ありますが

 

ギターは

楽器として不完全です。

 

アコースティックですと

特に音量の面で他の楽器(ドラム、ベース、ピアノなど)

に比べると大きい音が出ません。

 

音量面を解決するために

アコースティックギターにピックアップをつけて演奏されたことで

エレキギターが誕生したと言われています。

 

ピックアップとアンプで大きい音量は出せるようになりました。

 

が、

 

ギターの特徴として

 

音の強弱に焦点を当てた場合

 

楽器そのものの

ダイナミックレンジは狭いです。

どういうことかというと

鳴らせる小さい音と大きい音の幅が狭いということです。

 

実際にやってみると

よくわかるのではないでしょうか?

 

特に単音の音量、

 

特にハイポジションの生の音量

 

無いですよね~。

 

弦をはじくと

音量は減衰していきます。

 

ギターは

デクレッシェンド(だんだん弱く)は表現しやすいが

クレッシェンド(だんだん強く)は苦手な楽器だと思います。

 

もちろん

ギターには ギターならではの

ニュアンス、表現方法がありますが。

 

いずれにしても

強弱に関して

 

普段のピッキングの強さを知っておきましょう。

 

自分の楽器、ギターが

 

アンプを通して

 

一番小さい音 どこまで出るか?

 

一番大きい音 どこまで出るか?

 

意識してみましょう。

 

音の鳴らし方を

意識していくことが

表情を豊かにしていくことにつながります

 

 

・初心者の方
・アドリブをはじめたい方
・アドリブの練習方法が分からない方

数ある音楽の中で

ブルースは特殊だと思います。

バラードではないけど

感情を込めて演奏するスローブルースとか。

弾きまくらなくても、1音だけで心をつかむ

フィーリングとか。

たった3つのコードでも音楽的な深みを学べる。

 

アドリブの入口として ブルースを学んでみませんか?

 

コーチングのお問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください。

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1