ブルース・ソウル・ファンク ギターのアドリブ講座 

アドリブで自分の音楽を表現する、社会人の音楽の楽しみ方を紹介していきます。

歌うようなフレーズをアドリブで弾くためのポイント

f:id:dhc_or_dha:20170212014639p:plain

ブルース、ファンク、ソウル系

初心者~中級者向け

自由に楽器を操りたい人へ

 

ブルースギターで

歌うようなフレーズをアドリブで弾くために

どのように練習すればいいのか。

 

忘れてはいけないこと

ギターを弾くではなく

音楽をやる

音楽=人から生まれる
    人間らしさ

    表情、ニュアンスを意識することが大前提です。

 


3つのポイント

 

1. アプローチをイメージしておく

     明るい感じにしたいのか

     暗い感じにしたいのか

 

  ブルースはマイナーペンタのアプローチが多いですが

  ここでは、スケール云々ではなく、曲の感じをイメージ

  してみる。

 


2.ギターで歌うライン、メロディをイメージしてみる

  コツは

  短いフレーズからはじめることです。
  1音、2音、3音など 
  少ない音数で 短いフレーズを弾いてみる。

  長いフレーズも基本的には短いフレーズの塊です。

  1つできたら 1つ足して広げてみよう。

   

 

3.ニュアンスを意識する

  ※一番大事です。

 ・音の強弱を気にする

 ・音の表情を気にする

   ※感情を音にのせる

  ギター的な小技としては

  ヴィブラート、チョーキング、チョップとか

  音の入り方、抜け方とか。

  「弾く」ことより「伝える」ことにフォーカスしてみよう。

 

 

技術的なところは

コピーなどで吸収していくことができます(インプット)。

 

アドリブではイメージを具現化(アウトプット)していく練習が大事です。

 

 

・初心者の方
・アドリブをはじめたい方
・アドリブの練習のやりかた方が分からない方

少ない音数でも 

音楽的に成り立つもの、

音楽的に聞こえるものは

ブルースだと思います。

アドリブをブルースから学んでみませんか?

 

コーチングのお問い合わせはこちらから

お気軽にご相談ください。

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1