読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルース・ソウル・ファンク ギターのアドリブ講座 

フィーリング、歌うようなラインを軸にしたアドリブスキルを身に付ける方法を紹介していきます

アドリブ練習の考え方 その2

f:id:dhc_or_dha:20170401204351p:plain

 

ブルース、ファンク、ソウル系

初心者~中級者向け

自由に楽器を操りたい人へ

 

 

前回 アドリブの練習で

全体の概要をイメージする話を書きました。

読んでない方はこちらを。

music-music.hatenablog.com

 

アドリブ練習の考え方 その2では、

 

イメージしたストーリーを

音で置き換えていく方法を解説していきます。

 

ここで、使うのが

ペンタトニックスケールですね。

 

ブルース、ブルース系の音楽ではおなじみ。

 

5音音階のことですが

2種類あります。

 

・メジャーペンタトニックスケール

Ⅰ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ

メジャーペンタ ※音が出ます

 

・マイナーペンタトニックスケール

Ⅰ Ⅲ♭ Ⅳ Ⅴ  Ⅶ♭

マイナーペンタ ※音が出ます

 

 

「小説」「物語」を書く人が

日本語をつかう、外国語でも 方言でもいいですが

伝える言葉、言語を使って

作品をつくる

 

ペンタトニックスケールをどう使うか。

 

5音しかありませんが、

少ないながらもいろいろ表現、雰囲気が出せます。

 

 ↓サンプル音源 ※音が出ます

参考音源1

参考音源2

参考音源3

 

サンプル それぞれ

同ようなパターンですが

雰囲気が違うと思います。

 

最初にどのような雰囲気を作りたい?

→xxな雰囲気にしたいので

     マイナーペンタを使う

または  メジャーペンタを使う

または  両方混ぜて使う

 

とりあえずのマイナーペンタではなく

練習する上では イメージを最初に作っておきましょう。

 

・ストーリー

・イメージ

が決まったら

 

いよいよフレーズに落とし込みです。 

 

 

・初心者の方
・アドリブをはじめたい方
・アドリブをやりたいけど、どう練習していけばいいのかかわらない方

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1

 

また、ブルースギター、アドリブをマスターしていきたい方は

コーチングもやってます。

お試し ※無料体験コーチングあります。

 

自由度が増せば、

よりいっそう音楽人生が

楽しくなりまよ!