ブルース・ソウル・ファンク ギターのアドリブ講座 

フィーリング、歌うようなラインを軸にしたアドリブスキルを身に付ける方法を紹介していきます

リズムの感じ方 その2

f:id:dhc_or_dha:20170429002908p:plain

 ブルース、ファンク、ソウル系

初心者~中級者向け

自由に楽器を操りたい人へ

 

 

実際のセッションでは、 

 

①知らない曲

②知っているけど、オリジナルとは違うリズムパターン

 

で演奏することがあります。

 

 

①は自分だけが知らないのか

 他のメンバーにも知らない人がいるのか

 

②はセッションリーダーしかイメージが

 分からないこともあるかもしれませんね。

 

その場合

とりあえず、

音出して、

様子を見ながら、

いろいろ試して

カタチしていく感じになります。


なので

Key やコード、リズムで

音を聴きながら組み立てます

 

そのために、

同じようなフレーズを違うリズムで弾く

イメージを広げる為の練習

をしておくと役に立つと思います。

 

例えば

テーマのラインを


シャッフル⇒サンプル音源 シャッフル 12小節

ファンク⇒サンプル音源 ファンク 12小節

 

で弾いてみる。

 

違うリズムに同じような雰囲気のメロディをのせるためには

音を足したり減らしたりする必要が出てきます。

リズムを理解するということにも 気づくことになります。

 

実際にやってみると

特に、シャッフルパターンから

先に弾いてラインをつくって

ファンクのリズムパターンをあとから試してると

自分の音数、どうでしょうか?

 

慣れないと、やたら音数が入ってしまったりします。

 

「歌うような短いフレーズ」を意識した場合、

弾いている時はスカスカに感じますが

聞いてみると、そうでもない感じではないでしょうか。

 

明確なイメージを持っていると

弾いている時でも違和感はなく

自身を持って出来るようになります。

 

バンドの練習で試す場合は


前ノリ
ジャスト
後ノリ

 

誰が?
どのノリで?

 

各メンバーで意識して合わせてみるといいでしょう。

 

ファンク寄りのリズムはブルースセッションでも少ないです。

ファンクは練習がいるリズムだと思います。

バンドをやっている人は是非

試してみましょう。

 

 

・初心者の方
・アドリブをはじめたい方
・アドリブをやりたいけど、どう練習していけばいいのか分からない方

 アドリブは楽器を続けていれば自然にできてしまうものではないです。

一人で見よう見まねで、試行錯誤しながらでも出来なくないですが

天才でない限り 時間がかかると思います。

私自身 「アドリブ」に関しては独学だったため相当時間がかかりました。

アドリブができる人が目の前に現れても、いい質問ができないんですね。

わからないから。

そんな経験から、「レッスン」ではなく「コーチング」なんですね。

やり方より、その人の考え方を重視しています。

 

コーチングのお問い合わせはこちらから

 

お気軽にご相談ください。

ブルースギター アドリブコーチングお問い合わせ

 

ブルース・ソウル・ファンク ギター 

アドリブメール講座(無料)は

こちらから登録できます。

 ⇒http://eepurl.com/cF1xK1